MENU

マウスピースの治療

日本人の大半が睡眠不足です。深夜まで仕事が忙しい、深夜までゲームをしている、深夜までSNSで盛り上がっているなど理由は様々です。さらに仕事によるストレスや、テレビやスマホの画面の明るさで脳が覚醒し寝つきも悪くなっています。

 

この睡眠問題の原因は生活習慣の乱れが引き起こしています。
  • 朝早く起きしっかりと朝食をとる
  • 日中は適度な運動をする
  • 夜は早めに夕飯を食べる
  • 深夜0時までには就寝する

 

このような規則正しい生活習慣を過ごすと自然と睡眠の問題は解決されていきます。しかし、睡眠に障害があると生活習慣の改善だけでは睡眠問題は解決しません。朝起きた時、頭痛がする。しっかりと睡眠時間を確保したのに疲れが取れていない。日中に強烈な眠気に襲われる。これらの症状があるときは病気かもしれません。

 

睡眠時無呼吸症候群といって睡眠中に10秒以上呼吸が停止する病気です。自分で自覚がないため発見されにくい病気でもあります。一緒に寝ている人から睡眠中の異常を打ち明けられたら、すぐに病院に行き専門医の診断と治療を受けてください。

 

マウスピースで気道を確保する

 

治療法の1つがマウスピースを使った治療です。。マウスピースによって下あごを上あごより前に突き出すと、舌も前方に移動するため気道を確保することができます。最初はマウスピースの使用に違和感を感じるかもしれませんが、使い続けるとだんだんと慣れて睡眠が楽になってきます。大がかりな装置を使わないマウスピースによる治療は手軽で副作用もありません。マウスピースを正しく使用して、睡眠時無呼吸症を克服していきましょう。