MENU

CPAP療法

日本人の大半が睡眠時間をしっかりと確保できていないそうです。会社の仕事が忙しくいつも寝るのは深夜の遅い時間、スマホのゲームやSNSに夢中になり過ぎて夜更かしなど、睡眠不足の原因はいたるところにあります。さらに夜遅く夕飯を食べる、揚げ物ばかり食べるなど食生活の乱れもひどいです。睡眠不足と食生活の乱れは肥満をもたらします。肥満は万病のもととなります。糖尿病や高血圧症など生活習慣病になりやすいです。

 

さらに肥満は睡眠にも影響をあたえます。しっかりと睡眠時間を確保しているのに朝起きても疲れが残っていたり、朝起きた時にひどい頭痛がしたり、日中に猛烈な睡魔に襲われる人ががいたら要注意です。睡眠中の病気になっている可能性があります。睡眠時無呼吸症候群という病気で、睡眠中に10秒間以上呼吸が停止する病気です。命を危険にさらす様々な病気を誘発します。まずは肥満をやめるため生活習慣を改めていきましょう。

 

CPAP治療とは?

 

出典:http://www.sas3387.jp/sas

 

睡眠時無呼吸症候群には、睡眠時に呼吸を確保するために、CPAP治療という方法で症状を改善させていきます。CPAP治療は閉塞性睡眠時無呼吸タイプの方に有効な治療で、鼻にマスクをしてヘッドギアで固定します。そして睡眠中に鼻から気道に空気を送って呼吸を止めないようにします。ヘッドギアをしているため慣れが必要ですが、睡眠中に鼻のマスクが取れる心配はありません。

 

この治療法はヨーロッパ、アメリカ、日本で多くの実施例があり、とても有効な治療法となっています。日本でも保険が適用されるようになったことで多くの人の治療に役立てられています。病院で適切な診断を受け、正しくCPAP治療を行い睡眠時無呼吸症候群を克服していきましょう。