MENU

肥満の解消

最近太ってしまった人、肥満になってしまった人で熟睡できないなどの問題を抱えている方はいませんか?仕事が忙しく十分な睡眠時間が確保できない。ストレスが貯まる一方でストレス発散のためにドカ食いが止まらない。そして体重が急に増えた人はとても危険です。特に顔つきが変わるくらい太った人、首回りが極端に大きくなった人はさらに危険です。

 

今朝の目覚めた時と日中の状況を思い出してください。
  • しっかり寝たのに、体がだるく寝た満足感が全くない
  • 風邪かと思うぐらいに朝の頭痛がひどい
  • 突然、猛烈な眠気が襲ってくる。

 

これらの症状にあてはまる方は、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。

 

メタボが引き起こす病気

 

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に呼吸が10秒以上停止する症状が現れる病気です。睡眠が十分にとれないため、朝起きた時の疲労感や頭痛を誘発します。この睡眠時無呼吸症候群の主要な原因は太り過ぎの肥満です。メタボが最大の原因になります。肥満により喉に脂肪が付きすぎてしまったことで寝ている最中、喉の脂肪が気道を塞ぎ呼吸を妨げます。気道がふさがるので呼吸ができなくなるわけです。

 

ダイエットをしよう

 

睡眠時無呼吸症候群は生活習慣の悪化が原因となる病気です。生活習慣の乱れから肥満になり、そこから引き起こる病気です。まず睡眠時無呼吸症候群の疑いがある方は、一度専門医の診断を受けましょう。太り過ぎてメタボの症状がある方は体重を落とすダイエットをしましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群を自分で直していくためには、肥満体型を解消し喉についた脂肪を取り除くことが大切です。