MENU

状態に適した治療法

長時間労働のなどの影響で、日本人は慢性的な睡眠不足の人が多いと言われています。スマホの普及で深夜までゲームやSNSをしたりして、眠りに入る時間が深夜0時を過ぎる。そして目覚めるのは昼ごろという、睡眠習慣の人もいるでしょう。生活習慣の乱れは病気の危険性を持っています。生活習慣の乱れで一番影響が出るのは体重の増加ではないでしょうか?夜の遅い食事、ストレスによるドカ食い、睡眠不足が肥満を引き起こします。

 

肥満が引き起こす恐ろしい病気

 

肥満で引き起こる怖い病気があります。今朝の目覚めはどんな感じでしたか?しっかりと寝たのに疲れが取れていない。朝起きた時に頭痛がするなどの症状がありますか?この症状がある方は、睡眠時無呼吸症候群に注意してください。睡眠時無呼吸症候群は危険で死に至る危険な病気で、生活習慣の乱れによる肥満で引き起こされます。ですので自分で出来る治療としては、悪い生活習慣を改めダイエットすることです。ダイエットすることにより、喉の余分な脂肪を取り除き睡眠時の気道を確保します。

 

ダイエットで喉の脂肪を落とす

 

睡眠時の気道が確保されることにより、呼吸がスムーズにできるようになって無呼吸になりません。まずは、睡眠時無呼吸症候群の疑いがある方は専門医の診断を受けてみましょう。専門医のアドバイスに従って適切な治療をすれば完治します。予防としては、正しい生活習慣を過ごし睡眠時無呼吸症候群の原因となる肥満を防ぎましょう。